院長あいさつ

院長あいさつ

このたびは当院のホームページを訪れていただき、誠にありがとうございます。
私はたかはし歯科医院の院長、鷹橋雅幸です。

歯科医院は、歯が痛くなったり歯ぐきが腫れたりしたときにだけ行くところではないと思っています。きっかけがそうであっても、患者さまの「口の中を健康にしたい」という気持ちを引き出し、日常的にケアができるようになっていただくことが理想です。そうすれば歯科医院へ治療にいらっしゃる患者さまは減ってしまうことになりますが、患者さまの健康が実現し、QOL(生活の質)が向上するのであれば、それで良いと思っています。

そのためにも、一人ひとりの患者さまとのカウンセリングを大切にしていきたいと思っています。いろいろと技術は変わっていきますが、お口の健康をつかさどる「医師」であるという根本は変えずに「根拠ある医学」を正確な情報として、少しずつでも患者さまに伝えていきたいと願っています。

思いがけず見つけた天職

院長あいさつ私は、広島で開業医をしている父の背中を見て育ちました。でもそれが歯科医師を目指したきっかけではありません。

英語と音楽が大好きだった中学時代には、周りに流されずに勉強をして過ごしました。それは、休みなく働き、夜中にも往診に出かけ、地域の方々から信頼されている父の影響だと思います。

先に大学進学で上京していた兄を追うように、東京の高校を受験しました。いくつか受けたのですが、合格したのは東邦大学附属東邦高校。多くの医者を輩出している高校です。でも高校時代はバンド活動に熱中し、大学受験には真剣に取り組みませんでした。

大学受験で医学部に落ちたら広島に帰るつもりだったのですが、歯学部に合格。どうしようかと思っていたら、担任に「チャレンジしてみろ」と背中を押され、歯学の道に進むこととなりました。

きっかけは消極的なものですが、手先が器用だったので自分が歯科医師に向いていると感じるようになりました。大学病院での研究や臨床を経て、開業をした現在の私が目標としているのはやっぱり父親です。地域医療への貢献が認められ、叙勲までもらった父を目指して、とりあえずは一人前になろうと頑張っています。

歯科医師は「職人」。だから人には負けたくない

院長あいさつ手先が器用なことから歯科医師を天職だと思うようになったので「職人」としての意識は常にあり、人には負けたくないと思っています。歯科医師として必要なのは手先の器用さだけではなく、診査・診断の能力も問われます。技術や能力を磨けば、そのまま患者さまに還元できるのが歯科医の世界。

努力した結果が、患者さまからの「ありがとう」という言葉で返ってきていると感じています。

失った歯を取り戻してあげたい

大学では、歯を失った人に元どおりに近い感覚を与えられる補綴(ほてつ)学に魅力を感じました。これは、ブリッジや入れ歯、インプラントや噛み合わせ(顎関節症)などの研究をする学問です。特に入れ歯には、人工臓器のような魅力を感じていました。

大学病院では補綴専門の科に入り、有名な教授の下で「全身から見た咬合の回復や機能の回復」の研究の手伝いをしていました。そのときに、技術や知識だけではなく、歯科医師としてどうあるべきかという考えも叩き込まれ、それは現在でも活かされています。

今まで、多くの出会いから多くのことを学んできました。時には衛生士さんとの何気ない会話から大きなことを学ぶこともあります。「失った歯を取り戻してあげたい」という気持ちを強く持ち続けることが、良い出会いを生み、多くのことを学べることにつながるのだと思います。

今まで学んできたことや経験を、妻の地元であるこの地を中心に、多くの患者さまに還元していきたいと願っています。

院長プロフィール

院長あいさつたかはし歯科医院 院長 歯学博士 鷹橋 雅幸

【略歴】
1968年 広島県生まれ
1987年 千葉県私立東邦大学付属東邦高等学校卒業
1993年 日本歯科大学歯学部卒業
1993年 日本歯科大学歯学部附属病院歯科補綴学第一講座、特別研究生
1994年 日本歯科大学歯学部附属病院歯科補綴学第一講座、助手
1996年 日本歯科大学歯学部附属校歯科衛生士科、講師兼任
2002年 東邦歯科医療専門学校技工士科、講師兼任
2002年 日本医学院歯科衛生士科講師兼任
2005年 本八幡駅前にたかはし歯科医院開設
2009年 市川市歯科医師会在宅委員
     市川市介護認定審査員

【所属学会・団体】
日本歯科補綴学会
日本顎口腔機能学会
日本歯周病学会
市川市歯科医師会
AFD会員(岡本浩スカンジナビア歯周病スタディグループ)
IOR(Institute for Oral Reconstruction)会員

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください