« 2016年4月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
2016年4月20日

九州地方 震災時 歯科豆知識

九州地方の群発地震被災者の方々に置かれましては一日も早い日常への復帰を願うばかりです。

私も3.11の時の時に非常なる強い揺れを余震とともに断続的に経験しましたが、本震よりも余震のほうが恐怖が倍増したことを思い出します。
さて、災害のストレスで歯が痛くなることがよくあります。それは、恐怖ストレスでおもに睡眠中で無意識にギューっとかみしめをやってしまうからです。
人間は強いストレスにさらされると、特に睡眠中で食いしばりの量や強さが増加することが知られています。その強さは瞬間的に歯を砕いてしまうこともあります。

あの3.11の大地震の直後では、私の医院に歯が痛いと来院されてもむし歯が見つからない患者さんが20人は来院されました。私はすぐにこれはかみしめのせいだ!と気が付いて、咀嚼筋にレーザーをあてたり、蒸しタオルなどで筋を温めてリラックスさせることで1本も歯を削ることなくしのぎましたが、被災のさなかの混乱ではあやまって歯を削られてしまう危険も無きにしも非ずです。
被災されたかたは、歯が痛くなっても、今一度、よくお考えください。虫歯は冷たいものや熱いものなどでキーンとしみるのが主な症状です。
肩や首のコリなどとつながっているような重苦しいジーンとした痛み(歯と言うより顎の痛み)は、かみしめで歯の周りの組織や咀嚼筋の疲労が原因になっていることが考えられます。それは一般的には耐えられる痛みなので鎮痛剤などを飲めばかなり改善されます。
さらに逆に鎮痛剤があまり効かず、噛んだらズキッっとするような場合、歯周病や根の病気が疑われますのでご注意ください。

さいごに、避難生活の方々では、入れ歯を入れて家を出るのを忘れてしまうことがよくあるようです。当然です。
しかし、許可なく家に取りに帰るのは絶対にやめましょう。家が崩れることがあります。大変でしょうが、近隣の県などから、入れ歯応急製作の歯科医がくるのを待ちましょう。
食事は小分けにして残っている歯でゆっくりと普段の倍の時間をかけて咀嚼してごっくんと飲み込むことをお勧めします。急いで食べる、とくに汁気のものと一緒に良く噛まないで胃に流し込むのはやめましょう。むせの原因になり、避難所の衛生状態が悪い時などでは、感染の機会増やしてしまいます。高齢の方では肺炎などになると大変なことになるので、ご注意くださいませ。
以上が災害時における歯科豆知識になります。
いち早く日常生活に戻られるよう心より祈っております。

Google +1
2016年3月 7日

最近思うこと


院長の鷹橋です。先日、今はやりのLINEなるもので大学時代に仲のよかった同級生と近況を報告しあっていたのですが、その中でインプラント治療の術式や顎関節症を治癒に導くための上顎に対する下顎の位置の模索法、考え方などお互いのこれまでの25年間の臨床経験に培われた、非常に専門性の高い話になったのです。

その中で面白かったのが、友人は歯を失うことが非常に生命体の恒常性にとって悪影響を及ぼすので、入れ歯治療よりも、インプラント治療を主体にして口の中をほぼ完全な形に戻そうと、特化して高い技術を維持しながら、歯科医業を営んでいるスタイルでした。

それに対し、わたくしのスタイルは、インプラントを必要としている適応症の方には、もちろんインプラントを盛んに行ってはいますが、インプラントが出来ない方々への入れ歯治療、中でも要介護高齢者に対する入れ歯治療にもかなりのウエイトを置いて治療を行っているというものでした。ここでは詳しく述べませんが、どちらにも一長一短あるわけです。

まずは久しぶりに、同級生と実のある話ができてとても嬉しかったのですが、あとで、もう一度自分のスタイルについて考えてみたのです。

[なぜ自分は要介護高齢者の訪問歯科にこだわるのだろうか?]

院内に来てくださる外来患者様だけでもやることはたくさんあるし、そこに集中してもよいのではないか?・・と。
これまでも開業してからなんども同じように考えたことがあります。もちろん、自分は母校大学病院の研究室で教員をしていたころは、入れ歯や顎関節症に関連する研究を行っていたのでそれを生かしたいというのもあるのですが、よくよく考えると、大学時代のある事件がきっかけになっていることに気付いたのです。

私は当時、日本歯科大学補綴科から提携の北里大学医学部付属病院口腔外科への出向が命じられ、1年間赴任した経験があります。そこでは歯科大の付属病院とは異なり、消化器、循環器、内科、外科から精神科などありとあらゆる科から、口腔外科へ難症例として患者様が送り込まれてきて、そこで研鑽させて頂いて大変勉強になったのですが、いまだにどうしても忘れられない症例があるのです。
その方は、75歳くらいのおばあちゃんでした。外科から口腔外科へ入れ歯を作ってほしいと送り込まれて来たときは、ストレッチャーに括り付けられていて、ねたきりで会話も全くできず、コミュニケーションもわずかにとれる程度でした。 
今から、17年前の話ですから、まだ若かったわたしはおそらく無我夢中で総入れ歯を作ってそのおばあちゃんのお口に入れました。

すると、どうでしょう。みるみる、急性期を脱し、回復してきて、1か月で起き上がれるようになり、会話もできるし、自力で食事もとれるようになりました。わたしにも「今日、久しぶりにダイフク餅を食べたのよ~食いしん坊なっちゃて、ありがとう~」と言ってくれました。わたしは、心の中で「よし!」と叫び、舞い上がったような気分でした・・・・・しかし、意気揚々と次の週に北里大に行くと、もうそのおばあちゃんはいませんでした・・・この世から・・・

私には知らせてもらっていなかったのですが、末期がんで余命幾ばくもない方だったのです。私は、ショックでしばらくやるせない気持ちとどうしようもない無力感に襲われました・・・・

重い病気なのにもかかわらず、ありがとう!と言ってくれた「優しい眼」、あの「眼」がどうしても忘れらないのです。あの「眼」に突き動かされて、自分は今も訪問歯科現場に立って、時には100歳の方の総入れ歯を苦心しながら製作しているのだと、今になってやっと分かったのです・・自分を支えているのは、決して自分などではないと。

臨床医でいるかぎり、あの「原点」を忘れずにこれからも、微力ながらみなさまのお手伝いをしていきたいと考えています。

Google +1
2015年7月30日

歯を削るドリルの滅菌 重要

報道などで、みなさまも歯医者通いで気になっていることと存じますが、歯を削るキーーンというあのドリルって前の人に使ったやつそのままじゃないの?と思うこともあるでしょう。ここ1-2年の間に、読売新聞などで数回報道があったのですが、なんと7割もの歯科医院ではあのドリルを使い回しているというものです。最近ではエボラやMERSをはじめ様々な感染症、感染経路の拡大が懸念される世の中です。2015年にありえない話です。当然のことながら、当院では、患者様1回の治療ごとにお口の中に入れて削る器具はすべて完全滅菌して交換しています。この削るドリルの構造は複雑で、削る動作を終えた時に、サックバックという吸引現象が起き、血液や唾液が内部に入ってしまうことがあるのです。なので、最近では内部の複雑なところまで、真空状態を3度もつくって滅菌する機械を導入する医院も増えています。わたしもこの機械を使って厳しく感染管理をしています。

Google +1

割れた、折れた歯は治せるか?

今日も、暑いですねー。最近、他院で抜くと言われたが残せるかどうかで来院される方が毎日のようにいらっしゃるようになりました。医者冥利に尽きるといえばそれまでですが、今日いらした方も、抜いてインプラントにした方がよいと言われたそうです。で、私が破折した一部を取り除いたのですけど、比較的浅い位置で破折していたので、根っこの部分は大半が健全で、小さな矯正装置で歯を引っ張り上げることで、残すことが出来る見通しが立ちました。遠くから来られた方で安堵されたようです。良かった!しかし、この方はなぜうちの医院をわざわざ探してこられたかと言うと、割れた歯の写真はたくさんとって資料を作ってくれたけども、別に撮影したその歯のレントゲンに対して詳しい説明がなく、冒頭に書いたように外見写真だけでインプラントを勧められたからだそうです。えてしてこのようなごまかしは伝わるものなのです。しかしながら、もう少し深い所で割れていたらアウトだったかもしれません。みなさん、車や自転車など不慮の事故にはお気をつけください。

Google +1
2015年7月23日

インプラントセンターって? その1

インプラントという言葉はみなさんかなり浸透してると思いますが、最近よく看板でみかけるのが、「インプラントセンター」という言葉です。みなさんの中にも「?」に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。実はこれ、集客の言葉として使われていることが多いんです。昨今の歯科医院乱立、医療費削減の状況が加速し、一部の歯科医が「実態のないセンター」を名乗って集客に躍起になるのです。ここでの「実体のないセンター」とは自分の医院1件でしかやっていないのに「センター」を名乗ることです。また、これら歯科医をあおって集客、利益を集めようとする業者も多数存在します。なにをかいわんやです。私の友人でインプラントセンターを標榜する歯科医がいますが、彼は、いくつかの歯科医院を経営し、治療もインプラントに固執せず、神経の治療、ブリッジ、入れ歯、歯周病から訪問歯科の口腔ケアまでとすべてに力を注いで頑張っています。あたりまえです。かたや、「実態のないセンター」を標榜する歯科医は、「とにかくこの歯はだめだから、抜いてインプラントを!」と強固に勧めてくるようです。私の医院にも月に4,5人はこのような方からの問い合わせや転院でみえるかたがいらっしゃいます。実感としては、本当に抜く必要があるのは、うーん、5,6人に1人くらいでしょうか。中には、神経の通り道が汚れて膿んでいるだけなのに抜けといわれたという方もよくいらっしゃいます。同業者として、ため息が出るばかりです。

Google +1
2015年6月 7日

金属床その2

続きになりますが、入れ歯の金属を多用することで最大のメリットは、「入れ歯がたわまない」ということにほかなりません。噛む力というのは、皆様が想像される以上に強いものなのです。保険の入れ歯ではふんだんに金属が使えないため、グッと噛むととたわむので「ガブッ、バリっバリっ・・・ゴックン」がうまくできず、口の中で入れ歯が動いて歯茎が痛くなったり、痩せて行ってしまいやすいのです。保険外の入れ歯では、もちろん、金属はそとから見えない場所にふんだんに使用しますので、入れ歯をうすくコンパクトにもできますので着け心地もよいうえによくかめるのです。さらに総入れ歯の金属床は国からの補助金もおりるのです。ご興味のある方は、是非一度ご相談下さい。

Google +1
2015年5月 3日

金属床 

入れ歯を入れている方でどこかで聞いたことがある言葉・・「金属床」・・・これってなんでしょうね? 解説しますと入れ歯の構成要素は大きく分けて「人工歯」と「それ以外」になります。この「それ以外」の内、歯を失った後に馬の背中みたいになっている歯茎に接する部分を「床」と呼ぶのです。そしてこの入れ歯の「床」の部分を金属で作ってある入れ歯の事を「金属床」と呼びます。もちろん、外から見た感じは歯茎のピンク色で全然見分けはつきませんが、この「床」の部分に金属をふんだんに使うと、よいことがたくさんあります。それは、また続きで・・

Google +1
2015年4月 3日

口腔外科って・・・

みなさん、口腔外科って言葉ご存じですか?結構、浸透している言葉かと思います。一般的には、親しらずを抜いたり、口の中にできた腫瘍などに対する処置、あと、交通事故などで顔に外傷を負った場合の再建などがイメージされますが、歯科医側からみると、歯科のあらゆる処置は、内科ではなく「外科処置」に該当するので、ん?となってしまう不思議な言葉それが「口腔外科」なのです。

Google +1
2015年2月24日

またレーザーで無痛インプラントでした。

当院では、インプラントや歯周病のオペではレーザーを使用します。つまり、メスの代わりにレーザーで切開するのです。なにが良いかというと、まず出血量が非常に少なくなるので、確実な作業が可能になることです。そして治癒がとても早いのです。そして何といっても術後の痛みや張れが非常に少なくなることです。オペの最後に弱いレーザーを患部にあてると、ほとんど90%以上の方が、術後の消毒の時に、処方した痛みどめを「飲まなかった」または「一つだけ飲んだ」としか言わないのです。これは、レーザーに除痛効果と治癒促進効果があるためで、抜歯をした時にもあてますし、小さな虫歯の処置のときでも無麻酔でレーザーで虫歯を除去することができるのです。そして、実は今日もインプラント術後2日の方が、消毒にいらしたのですが、「痛みどめは飲まなかった」そうです。非常に有用性の高いレーザーと言えるのです。

Google +1
2015年1月27日

歯周病治療の成功の鍵とは? 歯周病の治療って?

歯周病治療の目的は、第一に、歯や歯茎の中にひっついている病原菌や汚物を取り除くことです。プラークを呼ばれる歯垢を落としたり、固く歯の周りにへばりついた歯石を除去します。口の中の歯の形や大きさは、千差万別で複雑な形をしています。特に中等度以上の歯周病では歯の根の部分に汚れがへばりついているので、数回に分けて取り除く必要があり、また完全に除去するのに麻酔が必要になる場合が多いです。進行した歯周病では、麻酔をするのでほぼ無痛に行うことができ、最新の器具、機械を用いれば、術後に痛むこともほぼないと言えます。皆様、恐れずに悪玉歯周病菌と戦っていきましょう。

Google +1

たかはし歯科医院
院長 歯学博士 鷹橋雅幸

院長 歯学博士 鷹橋雅幸

http://www.takahashi-dentalclinic.net/

Google +1