« 2016年4月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
2015年7月30日

歯を削るドリルの滅菌 重要

報道などで、みなさまも歯医者通いで気になっていることと存じますが、歯を削るキーーンというあのドリルって前の人に使ったやつそのままじゃないの?と思うこともあるでしょう。ここ1-2年の間に、読売新聞などで数回報道があったのですが、なんと7割もの歯科医院ではあのドリルを使い回しているというものです。最近ではエボラやMERSをはじめ様々な感染症、感染経路の拡大が懸念される世の中です。2015年にありえない話です。当然のことながら、当院では、患者様1回の治療ごとにお口の中に入れて削る器具はすべて完全滅菌して交換しています。この削るドリルの構造は複雑で、削る動作を終えた時に、サックバックという吸引現象が起き、血液や唾液が内部に入ってしまうことがあるのです。なので、最近では内部の複雑なところまで、真空状態を3度もつくって滅菌する機械を導入する医院も増えています。わたしもこの機械を使って厳しく感染管理をしています。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.takahashi-dentalclinic.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/485

たかはし歯科医院
院長 歯学博士 鷹橋雅幸

院長 歯学博士 鷹橋雅幸

http://www.takahashi-dentalclinic.net/

Google +1