« 2016年4月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
2015年6月 7日

金属床その2

続きになりますが、入れ歯の金属を多用することで最大のメリットは、「入れ歯がたわまない」ということにほかなりません。噛む力というのは、皆様が想像される以上に強いものなのです。保険の入れ歯ではふんだんに金属が使えないため、グッと噛むととたわむので「ガブッ、バリっバリっ・・・ゴックン」がうまくできず、口の中で入れ歯が動いて歯茎が痛くなったり、痩せて行ってしまいやすいのです。保険外の入れ歯では、もちろん、金属はそとから見えない場所にふんだんに使用しますので、入れ歯をうすくコンパクトにもできますので着け心地もよいうえによくかめるのです。さらに総入れ歯の金属床は国からの補助金もおりるのです。ご興味のある方は、是非一度ご相談下さい。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.takahashi-dentalclinic.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/478

たかはし歯科医院
院長 歯学博士 鷹橋雅幸

院長 歯学博士 鷹橋雅幸

http://www.takahashi-dentalclinic.net/

Google +1