○様

患者さまの声■入れ歯時代に一番困った事は?
就寝時には入れ歯を外しておくのですが、普段は洗面所の目につくところに置いておく訳です。
子供達が帰省した時には、目につかない所に隠しておくのですが、自分で隠した場所がわからなくなってしまい、大変困ってしまった。

旅先で知り合った人からガムをもらった。同じケーブルカーなので、そのまましまっておくのも失礼と思いすぐに噛み始めたが、軟かいガムだったため、案の定義歯の金具にくっついてしまい、仲々とれず、結局義歯を外し洗面所まで行って水で冷やしながら取る羽目になってしまった。

■入れ歯時代に不自由を感じた事は?
食べた物が、入れ歯と歯肉の間に挟まって痛いので、食事の後、すぐに口を洗うのですが、外出先や旅先では人目もあり、すぐに洗うことが出来ず、家に帰るまでそのまま、我慢しなければならなかった事が苦痛であった。

■人工歯根療法を受けて変わった事は?
1. 入れ歯を取ったり、付けたり、又、洗浄剤で洗浄する習慣から解放されたこと。
2. とにかく、自分の歯以上に良く物が噛めること。入れ歯時代に噛めなかった、かたい物が噛める。
3. 歯を大切に守っていこうという気持が以前より強くなった。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください